お知らせ&研修講演レポート[ 個別記事 ]

 

1月20日 埼玉県社会福祉協議会様で
ディズニー流接遇とクレーム応対研修実施させて
頂きました。

 

1-20②

 

応募が多く、1月20日研修締め切り前に4月も実施させて
頂くことになりました。
ありがとうございます。

 

 

150名の皆様に4時間。

 

プログラム

■ディズニーにおける「接遇」の考え方

■ディズニーにおける「基準」
①行動指針を明確にする

■苦情に関する基礎知識
① 苦情(クレーム)も苦言(コンプレイン)も起きて良い

■苦情対応の基礎知識
① 苦情の芽を摘む
② ディズニー流「接客 の基本」

・ディズニースマイル

素敵な笑顔には4つのポイントがある!
・ディズニーキャストの挨拶
挨拶の種類
アイコンタクトは凝視しない
・ディズニーキャストの言葉遣い
   普段からプラス言葉を積極的に使う
・ディズニーキャストの身だしなみ
役になりきる
判断の基準は相手

 

■苦情内容の理解
① 苦情の要因
② 苦情(クレーム)に求めているもの

■苦情応対の基礎知識
① アクティブリスニング、ポジショニング等

■まとめ
ディズニーランドが教えてくれた、身につけたい7つの習慣。
(1)傾聴する。
(2)思いやる。
(3)励ます。
(4)支援する。
(5)信頼する。
(6)貢献する。
(7)友好的にかかわる。

 

 

講師は石坂秀己氏

 

isizaka_001-232x300

 

1969年生まれ。東京都出身。 都立高校を卒業後、株式会社オリエンタルランドに入社、 東京ディズニーランドのアトラクションの責任者として約15年勤務。 研修インストラクターを兼任し、接客研修の基礎を築き上げる。 退職後、アミューズメント業界への派遣を中心とした人材派遣会社に入社し、 幅広く研修スキルを身につけ、さらに実績を積む。 2005年、独立開業し、接客研修を中心としたビジネスモデルを構築するため 「接客向上委員会&Peace」を設立、現在に至る。著書に「ディズニーランドが教えてくれたみんなが笑顔で働ける習慣」、「ディズニーランドで語り継がれる魔法の言葉33 がある。」

 

何も決まっていなくても大丈夫です!
山根が一からサポートさせてて頂きます。

 

bnr_